忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632] [631] [630]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奇術師たちが活躍するミステリ小説。これは素晴らしい傑作、という評価に間違いはない気がします。
『11枚のとらんぷ』
日本語としておかしな部分が随所にあって、それが凄く気になるんだけど・・・ しかし物語はとても面白いです。泡坂妻夫にとって、これは初の長編小説だそうですが、最初から傑作。ちょっとアンフェアっぽいけど(どんなに考えても、絶対に犯人にたどりつけないような気もする)、それでも素晴らしいです。

アマチュアの奇術同好会マジキクラブは真敷市公民館の20周年記念のショーに呼ばれることになりました。そのショーの日、11人の奇術師たちは時には、というかけっこう色んな失敗をしつつも、次々と華麗な技を披露していきます。
そして、最後のフィナーレ。人形の家から、女性奇術師の水田志摩子が登場するはずだったのですが、なぜか現れません。そうしてショーは、なんともしまらない幕切れとなります・・・
その後、事態は急変します。水田志摩子が自宅で死体となって発見されまたのです。そして、その周りには短編集「11枚のとらんぷ」に沿った小物11個が毀されて配置されていました・・・

「11枚のとらんぷ」というのは、マジキクラブをつくった奇術師・鹿川舜平の短編集。とても面白いものの、実用はできなさそうなマジックを集めたもの。作中作として『11枚のとらんぷ』の中に登場します。


今日読んだ本
泡坂妻夫『11枚のとらんぷ』

今読んでいる本
宮部みゆき『蒲生邸事件』
北村薫『空飛ぶ馬』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]