忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『生ける屍の死』は素晴らしかったです。これまで読んできた推理小説の中で最高ランクの作品のひとつだと僕は感じました。
『生ける屍の死』
舞台はニューイングランドの片田舎トゥームズヴィル。アメリカでは死者が次々と蘇る、という不可解な事態が起こり、大混乱が生じていました。そんな中、バーリイコーン一族が経営するスマイリー霊園で、殺人事件が発生します。死者が蘇るというのに、人を殺すことに何の意味があるのか?

主人公はパンク青年のグリン。彼は、なんと物語の途中で殺害されてしまいます。そして言葉通り「生ける屍」となって事件解決を目指すこととなります。グリンの相棒は、チェシャ。その2人のコンビが最高です。

ものすごく複雑で凝った物語なので、難しいのかと思いきや、笑える部分がたくさんあります。だから、けっこうすらすらと読めてしまいます。ラストシーンは悲しすぎる。


今日読んだ本
山口雅也『生ける屍の死』

今読んでいる本
北村薫『空飛ぶ馬』
山田風太郎『信玄忍法帖』
樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]