忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、舞城王太郎のデビュー作『煙か土か食い物』を読みました。
やっぱり書きなぐったような、でもしっかりと文章にはなっている文章は凄いなぁ、と思います。読者の頬を殴りつけるような文章というのかなぁ・・・ 読みにくさをねらって書かれている文章のような気がします。それでもそれなりに読ませるところが凄い。
連続主婦殴打生き埋め事件、というよく分からないストーリー、突拍子も無い謎解き、はまっているようでいまいちぴちっとはまらない展開、どれもこれもなんかしっくりこない。それでも、小さな矛盾なんて吹き飛ばしてしまう、全体的な勢いが凄いです。

そういえば、物語が進む間、ずっと血が流れっぱなしだなぁ。次から次へといろんな人の血が流れる・・・ 暴力があふれかえっているし・・・ 壮絶です。

昨日読んだ本
舞城王太郎『煙か土か食い物』

今読んでいる本
小島晋治、丸山松幸『中国近現代史』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして、あんごと申します。
先日はトラックバックありがとうございました。
「煙か土か~」勢いのある面白い小説でしたね。
小さな矛盾なんて吹き飛ばしてしまう勢い…同感です!
あんご 2008/11/09(Sun) 編集
無題
はじめまして。こちらこそトラックバックありがとうございます。
本当に凄いです。あの文章の勢い、というか文章の雰囲気というか。
だいち 2008/11/09(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
読了ログ:「煙か土か食い物」
→「煙か土か食い物」 森博嗣つながり、、、かどうか知らないが、割とつながってる雰囲気を感じ購入。 最初の数ページで捨てようかと思ったが、登場人物の会話が方言で語られるあたりで、イイ印象を持ち興味が復帰。会話文が標準語だったら、迷わず BookOff 行き箱に放り込...
URL 2008/11/09(Sun)15:00:04
舞城王太郎『煙か土か食い物』
今日は舞城王太郎『煙か土か食い物』です。 舞城王太郎(まいじょう おうたろう)は1973年生まれ。福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。 『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。その後『暗闇の中で子供』『世界は密室でできている。』を矢継....
URL 2008/11/24(Mon)20:28:58
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]