忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1193] [1192] [1191] [1190] [1189] [1188] [1187] [1186] [1185] [1184] [1183]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  円城塔
出版社: 文藝春秋

  『オブ・ザ・ベースボール』は短編集。『オブ・ザ・ベースボール』『つぎの著者につづく』収録。

  『オブ・ザ・ベースボール』
  空から落下してくる人間をバットで打ち返すことが務めの男の物語。

  著者は、奇怪な状況を淡々と語り、退屈な物語に仕立て上げています。結果として、どこにも切迫感のない、どこまでもだるい空気が漂う世界が構築されています。もう全てがどうでも良い、とすら言えてしまえそうです。疲れる・・・ とにかく退屈。早く終わってくれないか、と思ったほどです。★2つでも良いのではないか、という気がします。しかし、それが意図されたものであるかも知れない、というところが難しい。どういうふうに受け止めれば良いのか、迷います。

  そういうふうに幻惑されるのだから、やっぱり面白い小説と言えるのではないか とも思います。しかし、決して「面白い」わけではない。ほんと難しい。

  中原昌也という作家は、物語を破壊することでかえって面白い物語を構築しています。それと比較してみると面白い。退屈でどうしようもないような物語を書いている、円城塔の方がもっと変な方向に走っているということになります。

  『オブ・ザ・ベースボール』は文學界新人賞受賞作。芥川賞候補作にもなっています。

  『つぎの著者につづく』の方は理解不能でした。やりたいことはなんとなく分からないでもないけど(ボルヘスみたいな感じにしたいのではないかなぁ)、やっぱり分からないので感想の書きようもないです。本当に難しすぎる・・・


自森人読書 オブ・ザ・ベースボール
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]