忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  半村良
出版社: 角川書店

  自衛隊が日本海沿岸で演習していました。そのとき突然、時間がぶれて、伊庭義明三尉と、その部下などの一団が戦国時代へと放り込まれてしまいました。戦国時代には、なぜか織田信長が存在していませんでした。伊庭義明らは、その事実に戸惑いつつも上杉謙信と同盟を結んで、積極的に歴史に介入していきます。そして戦国自衛隊は、近代的な武装と戦術でもって、武士たちを圧倒していきますが・・・

  もしも自衛隊が、戦国時代にタイムスリップしてしまい、戦国時代の騎兵や歩兵と戦ったらどうなるのだろうか? 歴史好きな人なら誰もが考えそうなことです。それを小説化してくれたのがこの「戦国自衛隊」です。歴史を変えようとしながらも、歴史に呑みこまれてしまうラストが印象的でした。

  あまりまじめに書いていないので短いです・・・


自森人読書 戦国自衛隊
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]