忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近読んだ本
尾木直樹『思春期の危機をどう見るか』
田中敬三『粘土でにゃにゅにょ 土が命のかたまりになった!』(再読)


『思春期の危機をどう見るか』は、思春期の子ども達の相手ができなくなっている大人側の問題を指摘するもの。自由の森学園に来て講演をしてくれた尾木直樹さんの著書。読んでいると、しっかりと資料が用いられていてとても納得させられます。

『粘土でにゃにゅにょ 土が命のかたまりになった!』は再読。岩波ジュニア新書の1冊。いろいろな知的障害のある人たちが粘土に触ることで、なんらかの表現をすることができるのだそうです。写真がふんだんに使われていて目で見て分かる本です。


今読んでいる本
小笠原喜康『議論のウソ』(再読)
藤野千夜『少女怪談』(再読)
松本清張『点と線』
恩田陸『不連続の世界』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]