忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1420] [1419] [1418] [1417] [1416] [1415] [1414] [1413] [1412] [1411] [1410]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  若竹七海
出版社: 東京創元社

  連作短編集のように見えて実は・・・ 凝った作品。

  若竹七海は、月刊社内報の編集長に抜擢され、それまでのだらだらした日々から脱出。張り切って仕事にとりかかります。ですが、「あまり硬い内容にはせず、小説を載せよ」と言われて困惑。プロに頼むほどの予算はありません。そこで、大学時代の先輩に頼んでみたら、「知人でミステリっぽい短編を書いてくれる人がいる」と言われ、その人に連載を頼むことに。条件は匿名、というもので・・・

  若竹七海のデビュー作。

  幽霊話みたいなものも含まれているのですが、12個の短編どれもが面白かったです。基本的には何らかの仕掛けがあります。次はどんなふうなトリックでくるのか、と楽しみでした(密室やら、叙述トリックやらいろいろある)。少し強引なものもあるけれど、捻りがきいていてみごと。

  日常の描写が秀逸。文章もきちりと整っています。あと登場人物の会話が面白いです。ぽんぽんはずんでいきます。

  最後のオチにも驚かされました。単なる短編集では終わりません。だけど、「最後短編同士のつながりが明らかにされるところが素晴らしい」という絶賛を聞いてしまってから読んだら、そこまで凄い、と思えなかったです。ちょっと期待しすぎてしまったのかも知れない。

  しかし、とにかく個々の短編が良いです。


自森人読書 ぼくのミステリな日常
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]