忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[544] [543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  阿刀田高
出版社: 新潮文庫

  「短編小説の名手」といわれる阿刀田高の書いた短編集。

  。『ナポレオン狂』『来訪者』『サン・ジェルマン伯爵考』『恋は思案の外』『裏側』『甲虫の遁走曲』『ゴルフ事始め』『捩れた夜』『透明魚』『蒼空』『白い歯』『狂暴なライオン』『縄』収録。

  『ナポレオン狂』は、直木賞受賞作。けっこうどきりとさせられます。

  『来訪者』は、第32回日本推理作家協会賞を受賞した作品だそうです。ホラーとも言える、のかなぁ・・・ 途中までは、いったいどういうふうにはなしがすすむんだろう、と首をかしげていたのですが、最後のページにたどり着いた瞬間にまさか! と意表を突かれます。ネタバレしちゃうと、赤ちゃんのすり替えがあって、自分の子が、実は自分の子ではないかも知れない、というはなしです。とても怖いです。

  最後になって、「来訪者」という言葉の意味が分かるんだよなぁ・・・ その「来訪者」というのは無邪気に指をしゃぶる赤ちゃん。物語はそこで終わっているけど、その先を想像すると・・・ 短編というものの切れ味のよさが発揮されています。

  そういうような、静かな恐怖を扱ったミステリタッチな作品が結構あります。あとSFっぽいのもあって。どれもなかなか良いです。

  凄い短編集。


自森人読書 ナポレオン狂
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]