忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[548] [547] [546] [545] [544] [543] [542] [541] [540] [539] [538]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『斬殺』は、世良修蔵という長州の男の悲運な一生を描いたもの。
鳥羽伏見の戦いが起こり、京都が新政府軍によって占拠された頃の日本が舞台。世良は、会津藩を鎮圧するべく、たった300人程度の兵士とともに東北地方へ派遣されます。ほとんど無謀な計画です。
彼は獅子奮迅の活躍を見せますが、どうも空回り。というより、彼が強硬に会津討伐を訴えたため、逆に仙台藩・米沢藩など東北の諸藩は激しく反発。
1000人にも達しない兵力しか派遣できない新政府を東北の武士達は軽んじるようになり、最後には、世良は斬殺されてしまいます・・・

『胡桃に酒』は、細川忠興と、明智珠(細川ガラシャ)の物語。そのカップルは人気があるようで、よく題材にとりあげられています。エピソードが多いからか。松本清張『逃亡者』とか。

ガラシャ
絶世の美女。逆臣・明智光秀の娘。夫の虐待に近い愛に耐え、切支丹締め付けが始まった頃にあえてキリシタンとなることを選んだ女性。そして最期は、西軍の人質となることを拒んで壮絶な爆死。


今日読んだ本
司馬遼太郎『斬殺』
司馬遼太郎『胡桃に酒』


今読んでいる本
岡嶋二人『なんでも屋大蔵でございます』
恩田陸『ブラザー・サン シスター・ムーン』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]