忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1533] [1532] [1531] [1530] [1529] [1528] [1527] [1526] [1525] [1524] [1523]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

作者:  帚木蓬生
出版社: 新潮社

  主人公は佐伯教授。彼はパリの国際ウイルス会議に出席し、講演を行います。その直後、突然全く面識のない元学者の老人から声を掛けられました。彼はベルナールと名乗りました。ベルナールは、事故死したと伝え聞いていた元同僚・黒田が実は事故死ではなかったと告げます。佐伯は半信半疑ながらも、ベルナールに教えたられたピレネー近くの田舎へと赴き、黒田の墓と対面し、墓を守る女性ジゼルと出会うのですが・・・

  帚木蓬生のデビュー作。

  ミステリーか、もしくはサスペンスに分類されるような作品。孤独な男だった黒田はどのように生きたのか。それを旧友・佐伯がしっかりと追い、ゆっくりと解き明かしていきます。

  静かな物語です。派手さはないけれど、重みがあります。物語は一本道のようにまっすぐ続いています。だから、けっこう単調です。だんだんと飽きてきます。でも、細部にわたる丹念な風景描写が素晴らしいです。臨場感があります。

  作者・帚木蓬生が医者だからか、細胞などについての説明が細かいです。半分くらいは理解できなかったです。難しい・・・

  良心を完全に失った悪人は登場しません。帚木蓬生の、人への信頼のようなものが表れた作品。読んでいて心地よいです。


自森人読書 白い夏の墓標
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]