忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1530] [1529] [1528] [1527] [1526] [1525] [1524] [1523] [1522] [1521] [1520]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  米澤穂信
出版社: 新潮社

  連作短編集のようなもの。『身内に不幸がありまして』『北の館の罪人』『山荘秘聞』『玉野五十鈴の誉れ』『儚い羊たちの晩餐』収録。

  『身内に不幸がありまして』
  お嬢様に仕えることに至上の喜びを見出している夕日と、お嬢様の物語。そんな些細なことで人を殺すのか・・・ と気味悪さを感じました。

  「ラスト一行の衝撃にこだわり抜いた」作品群だそうです。でも、最後にオチがくるというだけのはなし。あまりアッと驚かされることはなかったです(『山荘秘聞』だけは別だけど)。むしろ、全体に漂う暗い、というか黒い雰囲気が良いです。殺人が起きたりもするのですが、どの事件の加害者もみな動機がおかしいです。普通ではない、というか。

  随所に読書会「バベルの会」が登場します。もしかしたら、『儚い羊たちの祝宴』に収録されている全ての物語は「バベルの会」の人たちの妄想(創作)なのかも、と思ってしまったのですが、どうなのだろう。そうだとすると・・・

  最後の『儚い羊たちの祝宴』がまた良いです。少し物足りない気もしたけど、全体をきちりとしめています。もしかしたら彼女が創った「バベルの会」が「過去のバベルの会」を勝手に創り出したのではないか(「過去のバベルの会」は妄想上のものだということ)。『儚い羊たちの祝宴』こそが最初の物語なのではないか。だとすると全てはひっくり返って・・・


自森人読書 儚い羊たちの祝宴
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]