忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  桂望実
出版社: 小学館

  「県庁の星」野村聡はY県庁産業振興課に勤めていた。彼は研修として民間のスーパーに派遣されることとなる。そこで、パートタイマーの教育係である、二宮泰子という人と出会う。そのスーパーでは、「県庁の星」もからきし、役に立たない。むしろお荷物にすらなってしまい、食物調理におくられる。その調理しているところでは、賞味期限ぎりぎり(きれてたんだっけ?)の食材ばかりが使われていたので野村聡がそれを指摘すると、逆にそうではないとスーパーは持たないと指摘される。

  それで、適正な素材を使って高級弁当を売る野村聡指揮するチームをつくり、今のままの弁当を売るチームと競わせることになるが・・・・・

  映画になって、売れた本です。面白かったです。スーパーの人たちって苦労しているんだなぁ。僕はほとんどスーパーみたいなところへ行かないので、よく知らないのですが。

  テレビでも映画版を見たんだけど。映画になるとまた少し変わっていたなぁ、と思います。パートタイマーの人がものすごく若くなってたような気がします。本より。それとか筋も変わっていたような・・・ でもあんまり思い出せません・・・


自森人読書 県庁の星
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]