忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395] [394]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は『食堂かたつむり』を読みました。
『食堂かたつむり』

料理のシーンなどは興味深かったです。
だけど全体的には中高生向きの軽い本、という感じで、そこまで面白いとは感じませんでした。

まず気になったのは、文章。
「聡明な声」なんて単語、日本語としておかしいと思うんだけどなぁ。そういうのは、詩的というのとは全然違う気がします。

というか、この物語って、おとぎ話だよなぁ。
「1日1組の客しかいれない田舎の食堂」をやっていて、生きていけるとは思えません。よほど資産家の親とかがいるなら別だけど。親のおかげで生きていけるとするなら、そのお店はおままごとじゃないか。

ストーリーがあまりにも都合よく展開していくところが納得できません。「ケータイ小説」みたいな感じです。

死にかけたうさぎに、ビスケットをあげたら生き返った、というストーリー。そんなことしてはいけないよなぁ・・・ うさぎの健康を害すこと間違いなしです。わざわざ病気にしているようなものです。うさぎは草食の生き物なんだから。
まぁフィクションだから良いのかなぁ・・・ だけど間違った知識を広めていることになるんじゃないか。

あとは。
癌になったおかん(母)のペット、エルメス(豚)を食べてしまうというところがどうしても納得できません。「おかんが死んだあと悲しまないように」「生き物をありがたくいただく」って、それはすなわち生け贄じゃないか。
人間の勝手な理由のために殺しているのに、「それがエルメスにも伝わったようで大人しく殺された」って・・・ ありえない。偽善というか。しかも、食べちゃった後に「エルメスは私の中に生きている」とかそういうことを言い出すのはどうなのか。

それだったら、死んだお母さんだって食べて良いという道理になる。カニバリズムに結びつきます(『バルバラ異界』とかを思い出します)。でも、そうなると都合が悪いから、最後の最後に「死んだ鳩にお母さんが宿った」というふうに思いこんで、鳩を食べておしまいにしてしまう。

う~ん・・・ なんだかなぁ・・・

今日読んだ本
小川糸『食堂かたつむり』

今読んでいる本
森博嗣『今はもうない―SWITCH BACK』
灰谷健次郎『遅れてきたランナー』
山極寿一『ゴリラとヒトの間』
茨木のり子『詩のこころを読む』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]