忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385] [384]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  瀬戸賢一
出版社: 岩波書店

  いろんなレトリックが30も載っている楽しい本です。そうか、そんなのもあるのか。日本語の授業じゃ教えてくれなかったぞ、暗喩くらいしか、とか思いながら読んでいました。

  文章を書いているとどうしてこう拙い言い回ししか出来ないんだろうなぁ、と思うのですが。いろんな文章を読んでいると、もっと文章がうまく書けるんじゃないか、という気分になります。錯覚かも知れないんだけど・・・ 文章やレトリックの解説なんかも読んでいると面白いです。読んだら、より良い文章が書けるとはいえないけど。

  レトリックというのは嘘をつくというのとは全く違います。そうではなくてむしろ、相手により伝わりやすい、適切で魅力的な表現を選ぶ、ということです。それは自由の森学園の高校1年の日本語の授業『コインは円形か』という単元でもやることなのですが。やっぱり人に何かを文章でもって伝える、というのは難しいことです。口で伝えるのだって難しいけど、口ならすぐ言い直して訂正がききます。でも文章はそうはいきません。

  どうやって文章を書くのか? 伝えたいことがまず最初にあるのはもちろんのことです。その上で、レトリックを用いてうまく伝えようと努力するのが必要、なのかなぁ。といってごまかして終わってしまっていいのだろうか・・・


自森人読書 日本語のレトリック
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]