忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[22] [18] [19] [20] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  宮沢賢治
画:  茂田井武
出版社: 福音館書店

  ゴーシュは楽団「金星音楽団」のセロ(チェロ)弾きでした。「金星音楽団」は、町の音楽会で「第六交響曲」を演奏しようとします。ゴーシュは、下手なので毎度毎度怒られていました。そうしてしょぼくれてしまったゴーシュのもとに、毎晩いろんな動物がやってきます。動物達は色んな理由をつけて、ゴーシュのセロを聴きたがるので、ゴーシュは毎晩弾いてやりました。

  そして、本番の日、動物達のおかげかゴーシュは「第六交響曲」の演奏をうまくできて拍手喝采をあび、さらにアンコールにも応えて・・・

  どうもうまくいかなくて、困っているゴーシュ。彼は、夜毎に現れる動物達に聞かせてあげる、ということを通して何かを見つけます。ゴーシュの前で動物達、例えばねこがセロを聴いている夜の一場面を想像すると、なんとなくおかしくて、面白いなぁという気がしました。

  ものすごーくうがった見方をする人もいるけど、まぁまず絵本として楽しめばいいんじゃないかなぁ、と僕は思っています。深い物語はそのままでもうすでに深いんだから。


自森人読書 セロひきのゴーシュ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]