忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[21] [22] [18] [19] [20] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

講演者: 藤田祐幸
出版社: 

  藤田祐幸さんの講演録です。

  (はじめに より)
  1999年9月30日、茨城県東海村のJCOというウラン燃料加工工場で、誰もが「想定」していなかった臨界事故が起きました。まるでそれは町なかに突然、中性子爆弾が落ちてきたようなもの。でもそうわかったのはかなり後のことで、その日はいったい何が起きたのかわけもわからず、ただ、東海村や近くの人たちは今どんなに不安だろうと思いながら、テレビのニュースに見入るだけでした。

  けれどもやがて事実が次つぎにわかってきて、はじめ感じた恐怖や不安は強い怒りへと変わりました。臨界が何かも知らされぬまま働いていた人たち、現場の作業も見ずに「安全」のお墨つきをだす国、住民を守れない防災計画、等など「あってはならないこと」が起きたためにたくさんのことが見えてきたからです。(後略)


  ちょうどそんな時に、藤田祐幸さんが金沢にきたので、そのことを講演会にまとめた、と書かれています。素晴らしい1冊です。よくまとまっています。東海村の事故のことや原子力発電について知りたい、と思ったら、まずこの本をおすすめしたいくらいです。自由の森学園でも、講演会のたびにこんな冊子がつくれたらいいなぁ。そうしたら売れるのに。

  おすすめの一冊です。


自森人読書 東海村であの日何が起こったのか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]