忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[9] [10] [11] [13] [14] [15] [16] [17] [21] [22] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  乙武洋匡
出版社: 講談社

  生まれつき両腕両脚がない(先天性四肢切断というらしい)乙武洋匡さんの自伝です。僕は、この本を小学生の頃に読みました。その時、まず表紙を見て、少し驚いたような気がします。「手も足もない人が車椅子に乗って道路をすすみながら、こちらに向かって笑いかけている」という、けっこうインパクトのある表紙だったからです。

  僕はほとんど全ての本を図書館で借りています。でも、『五体不満足』は珍しく家に買って置いてあった本でした。ものすごく売れた本だそうです。日本の歴代ベストセラートップ3に入るくらいだ、と誰かから聞きました。いろんな批判も受けてるみたいです。「障害者であることを売りにしている」とか、「周囲の環境(理解者・お金とか)に恵まれているからそんなことを言えるんだ」とか。

  確かにそういった批判もあながちはずれじゃないかも知れません。それでもやっぱり乙武洋匡さんという人は凄いなぁ、と感じました。両手両足がなくて、人生に絶望せずに生きていく、というのはけっこう難しいことだと思います。それを乗り越えたということにびっくりします。安易に批判するのは、どうかと思うんだけどなぁ。

  まぁうちにもあったくらいなので、みんな読んでいる本だと思います。


自森人読書 五体不満足
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]