忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[10] [11] [13] [14] [15] [16] [17] [21] [22] [18] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岩波ジュニア新書の最新刊、『社会とどうかかわるか―公共哲学からのヒント』。分かりやすく、社会とつながることを説いていて良いなぁと思いました。個人が自らを犠牲にして社会に奉仕しないといけない社会では、多くの人は幸せになれない。かといってみんなが好き勝手にやって社会に目を向けなくても、多くの人は幸せになれない。中庸をとらないといけない、みたいな感じの意見には賛成です。

この前読んだ『ソクラテスの弁明/クリトン』の主役だったソクラテスのことがちょこっとだけ登場しました。

あと、岩波ジュニア新書の『生活環境主義でいこう!―琵琶湖に恋した知事』を再読していました。
考えてみると、生活環境主義って難しいです。環境保護を盲目的に重視せず、かといって科学を万能のものとしてそれを信奉することもしない。生活している1人ひとりの人間の視点に立ち、その立場から環境保全に取り組んでいこうという立場、だと思うのですが。
う~ん、まずはいろんなことをしっかり考えることが大切だなぁ。
自由の森学園では菜の花プロジェクトということを有志でやっていますが、それは生活環境主義に分類されるのかもなぁ、と思いました。




最近読んだ本
山脇直司『社会とどうかかわるか―公共哲学からのヒント』
嘉田由紀子・語り『生活環境主義でいこう!―琵琶湖に恋した知事』(再読)


今読んでいる本
堀川哲男『孫文と中国の革命運動』
飯嶋和一『黄金旅風』


積ん読
遠山啓『現代数学対話』
坪内稔典『季語集』
川端康成『伊豆の踊り子』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
TB恐縮です{%音符webry%}

http
別冊編集人 2008/11/30(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]