忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659] [658] [657]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  平野弘道
出版社: 岩波書店

  岩波ブックレットの中の1つ。戦後史の中で、中止になった番組を取り上げたものです。

  随分多くの番組が、放送中止になっているんだ、ということが分かります。右翼、経団連、自民党などなどの圧力によって潰された番組の数々、労組の反対運動によって放送中止に追い込まれた番組。いろんなところから圧力がかかって、放送局も大変だろうなぁ。どこまで踏ん張って、どこで引き下がるのか。つらいだろうなぁ・・・

  放送中止になったものの中に、自衛隊のアピール番組が何個もあるのには驚きました。「自衛隊は素晴らしい」というメッセージが知らぬ間に届けられていたのか。いつの間にかそういうイメージをすりこまれたりしたら、怖いなぁと思いました。

  右翼や自民党が組んで、企画つぶしにかかるというのも怖いなぁ、と思いました。本当に、たくさんの企画がなくなってきたんだ・・ 最近では、そういう圧力が表沙汰になることはあまりないけど、それはつまり、報道する側が圧力を恐れて「自主規制」ということで、「穏健」な企画しか出せなくなったからではないのだろうか・・・? 言論の自由を守るためにはどうすれば良いのか。報道関係者だけではなくて、みんなが考えないといけない問題だなぁと思います。

  戦争中の地域のことを報じている番組なのに、画面には死体が映らないというのもおかしなはなしではないか、と感じます。視聴者にショックを与えないため、とかいろいろ理由はあるのかも知れないけど。でもおかしい気がするなぁ・・・


自森人読書 戦後史にみるテレビ放送中止事件
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]