忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  杉本亜未
出版社: 講談社

  まだ完結していないのに★3つというのも気がひけるのですが。

  マンガでマジックのことを描くのには限界があるのではないか、という気がします。本物のマジックを、目の前でパッとやるのと、マンガの中の作中人物がマジックをするのでは、まったく異なります。マジックというのはタネがあって成り立つ一種の劇というか、虚構であるのに、それをさらにマンガで描くとなると、どうしても凝ることが必要な気がします。でもそこに工夫があるわけじゃない。

  ストーリーとしては別につまらないわけじゃないけど、そこまで目新しいわけでもないので、あまりページをめくる気になりませんでした。まぁ、それほど明るいとはいえないストーリーの中、それを受け止めている主人公の少年はかっこ良いんだけどなぁ。「障害を持ちながらも手品によって、多くの人たちに夢を与える少年」か・・・

  なんでだろう。あえてマジックを題材にしたというのは斬新かどうか知らないけど、新しい気がするのになぁ。まぁどんどん続きを読んでいったら、また評価が変わるかもしれません。終わっていないものをどうこう言うのは難しいからなぁ・・・

  でもはなしが進むごとにちょっとずつ面白くなってきているかなぁ、と感じます。まだまだこれからか。


自森人読書 ファンタジウム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]