忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ページを開いた瞬間から、ひきこまれました。
宮部みゆき『理由』より面白い、という人がいるのも頷けます。まだ最後まで読んでいないので、なんともいえませんが。
『レディ・ジョーカー 上』

こんがらがっていて、うまく説明できないんだけど。
あらすじは、ようするに日本ビール界最大手の日之出麦酒社の社長が誘拐されるという事件が巻き起こる、というもの。

とにかく分厚いです。
だけど、そのページ数の中でどんどん積み上げられていくストーリーの濃密さはものすごいです。全てきっちりとされていてごまかしがありません。警察と会社との行き詰るやり取り、警察内の本庁と所轄の確執(『踊る大捜査線』を思い出すなぁ)、背後にうごめく闇世界(総会屋、右翼、暴力団)の影を追及する記者と、それに対する圧力。

それにしても複雑です。
2回読み直さないとしっかりとは呑み込めないかも知れない。

高村薫という人は、どういうふうにして、この小説を書いているのだろう。綿密な下調べがあるのかなぁ・・・
感動してしまいます。


今日読んだ本
高村薫『レディ・ジョーカー 上』

今読んでいる本
米澤穂信『さよなら妖精』
夏目漱石『私の個人主義』
高村薫『レディ・ジョーカー 下』
夏目漱石『倫敦塔』
夏目漱石『琴のそら音』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『レディ・ジョーカー』高村薫
昨日のびっくり!から、少し落ち着いたそらです(*^_^*) この作品は、ハードカバー2段組の860ページの大作です。 これだけの長さが必要であ...
URL 2009/01/26(Mon)10:18:21
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]