忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この前からずっと読んでいた『ゴリラとヒトの間』がやっと読み終わりました。
『ゴリラとヒトの間』

ゴリラへの深い愛というか、思い入れが感じられる本です。

ゴリラの生活というのを網羅して、しっかりととらえています。その上でかなり、突っ込んだはなしにまで触れています。嬰児殺しの問題のこともしっかりと考察しています。

すもうとりと、ゴリラの格好は似ている、という指摘は面白いです。表紙の絵も、それです。

他の類人猿との比較なども読んでいて興味深いです。
いろいろと盛りだくさんです。

だけどあとがきにはまだまだ書き足りなかった、と書いてある・・・

山極寿一さんは自森の卒業生の保護者だそうです。
全然知りませんでした。


今日読んだ本
山極寿一『ゴリラとヒトの間』

今読んでいる本
米澤穂信『さよなら妖精』
夏目漱石『三四郎』
夏目漱石『私の個人主義』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]