忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、『レディ・ジョーカー 上』 を読んだ後、『倫敦塔』を読みました。
自由の森学園が入試で休みなのでたくさん本が読めます。

小説というか、エッセイというか、やっぱり小説なのか・・・
『倫敦塔』は、作者が留学中にロンドン塔を訪ねたとき、抱いた思いを書いたもの。
幻想文学っぽいような感じで、不思議な感じです。

ロンドン塔では、たくさんの人が処刑されたんだなぁ・・・
物語の中で「余(私)」が幻視した(ように感じる)人物、ジェーン・グレイのことは聞いたことがあります。
ポール・ドラローシュ作『ジェーン・グレイの処刑』という絵を見て知りました。ジェーンは、イギリス王国の女王に即位しながら、反対派の反撃にあって処刑されてしまった悲劇の女性です。その背景には、カトリックとプロテスタントとの激しい対立がありました。宗教っていうのは難しいものだなぁ、と感じます。

ジェーンの次の次の女王にして、イングランドの黄金時代を築いたエリザベス1世も幽閉されたことがある、というはなしを読んだことがあります。そういえば、エリザベス1世の母、アン・ブーリンはロンドン塔で処刑されてしまったんだっけ。

ロンドン塔は、イギリス史のなかに屹立しているのだ、という作者の言葉に頷かされます。


今日読んだ本
夏目漱石『倫敦塔』

今読んでいる本
米澤穂信『さよなら妖精』
夏目漱石『私の個人主義』
高村薫『レディ・ジョーカー 下』
夏目漱石『琴のそら音』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]