忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近読んだ本
酒見賢一『墨攻』
恩田陸『ライオンハート』


『墨攻』は読まねば、と思っていたのに、手に入らずいまだ読んでいなかったもの。酒見賢一の『後宮小説』も読まねば、と思っているのになかなか目の前に現われません。予約するのは面倒だし・・・ 予約するほどのものなのかもいまいち分からなかったのです。『墨攻』は、やっぱり面白かったです。墨子自身は、最初の序章みたいな部分にしか登場しないのですが、かっこいいです。

僕は、中国の春秋戦国時代の思想家の中でも、とくに老子と墨子が気になっています。孔子がひろめた儒教(そういえば、今ちょうど『論語』を日本語の授業で読んでいます)は、かなり有名です。孔子や儒教についての本はたくさん本がでています。だけど、老子についての研究というのはあんまりないし、それ以上に墨子についての研究というのはない気がします。小説も少ないし。

墨子という人はとても面白い人です。戦乱の時代に、兼愛と非攻を訴えたというだけでも凄いことです。無差別の愛と、非戦論といったら、中国清の時代の研究者たちが書いているように、どこかイエス・キリストともつながってきます。しかも墨子のすごいところは、権力者に服従したりせずに闘ったところです。しかも潰されずに、当時儒教の勢力と並ぶほどの勢力を誇った、といわれます。ものすごく興味があるんだけなぁ・・・

すれ違いのラヴストーリー、『ライオンハート』 。なんていうか、とても文章が綺麗で、風景がきらきらしています。でも、どこか恩田陸の文章は「読まされている」感があります。なんていうんだろう。うまく説明できないんだけど。普通の本は、すっと物語の中に入っていくか、もしくは自分の方にひきつけるか、どちらなんだけど。恩田陸の本は、読みたくなくても、ぐいっと引っ張られるんだよなぁ・・・ 凄い筆力だよなぁ。僕は、とくに、『夜のピクニック』が素晴らしいと思っています。よく飽きさせずに最後まで持っていくよなぁ・・・


今読んでいる本
丸谷才一『日本語のために』(再読)
ニール・カミンズ『宇宙100の大誤解』
平野弘道『史上最大の恐龍ウルトラサウルス』



ほん・・・

ツンドク状態・読みかけ・・
泉鏡花『高野聖』
坪内稔典『季語集』
榊原悟『日本絵画のあそび』
『やられたらやりかえせ 実録 釜ヶ崎・山谷解放闘争』
司馬遼太郎『燃えよ剣』(ずっと置きっぱなし)
大塚英志『キャラクター小説の作り方』
林田愼之助『漢詩を楽しむ』
神野志隆光『複数の「古代」』
松井るり子『七歳までは夢の中―親だからできる幼児期のシュタイナー』
恩田陸『MAZE』
恩田陸『図書室の海』
M.ジョン・ハリスン『ライト』
乙一『きみにしか聞こえない』
森博嗣『悩める刑事』
綿矢りさ『蹴りたい背中』
水森サトリ『でかい月だな』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
鏡花幻想譚への接近#27・・・CD「高野聖」(朗読;佐藤慶)新潮社
CD「高野聖」(朗読;佐藤慶)新潮社 今週は再び泉鏡花の小説「高野聖」をテーマに書いている。そのような気になったのは2つ、「高野聖」がどうしても気になってしまい、それについて論じられたものを読んだこと(その論文を抜粋したのが昨日までの記事)、そして先週末にそれに追い打ちをかけるように、「高野聖」を原作とした映画「白夜の妖女」を観たことである。もう一度原作にあたってみようと思ったのですが、書店で新潮社からそれを朗読したCDブックが出ているのを見て、怪談ものの落語のCDを聞いてとても面白かったこともあり、新しい発見もあるかなとそれを購入したのであります。今日は音から聞いた「高野聖」です。 音から聞くそれは、目で活字を追っていくのとはまた違い、書かれたテキストの細部の部分に聞く側の、つまりボクの神経が本では読み落としてしまっている微妙な所にも集中できることがわかりました。それによりより鮮明にイメージを頭の中で構築することができるのと、鏡花が細かい所まで実にうまく書き込んでいるのがわかってくるのであります。活字を追っているだけ、耳からそれを聞いているだけ、活字と音によって追っていくこと、その3つの追随の仕方を試みると印象も随分と違うもんだなあということがよく分かります。もっとも、音の場合、読み手である俳優の個性がそこに強く影響を与えるのですが…。 そこで、音で聞いてあらためて面白く気になったところをいくつか並べてみると、 ◎初めて宗朝が孤家の女とで会う時、「何方」という声を聞いた彼は“南無三宝、この白い首には鱗が生えて、体は床を這って尾をずるずる引いて出ようと、又退った。”とある、その前の大蛇との出会いがありそれが魔性の女との出会いを予見しているが、この文章もその女の妖力を暗示しているとも見えなくもない。 ◎混浴の前、宗朝はさりげなく女へ視線を注いでいるがそれは抑制...
URL 2008/10/04(Sat)01:42:45
「墨攻」 酒見賢一
墨攻 酒見賢一 ?やぎっちょ?のベストブックde幸せ読書!!のやぎっちょさんが、香港旅行に行った際の記事に映画『墨攻』が紹介されていた。それで興味を抱いて原作ということもあり読んでみたのがこの本。 戦国時代の中国、特異な非攻の哲学を説き、まさに侵略されんとする国々を救援、その城を難攻不落と化す謎の墨子教団。その教団の俊英、革離が小国・梁の防衛に派遣された。迫り来る敵・趙の軍勢は2万。梁の手勢は数千しかなく、城主は色欲に耽り、守備は杜撰であった。果たして革離はたった一人で城を守り通せるのか―史実を踏まえながら奔放な想像力で描く中島敦記念賞受賞作。 「BOOK」データベースより
URL 2008/11/16(Sun)20:41:24
墨攻
『A BATTLE OF WITS』公開:2007/02/03(02/03)製作国:中国/日本/香港/韓国監督:ジェィコブ・チャン原作:森秀樹  漫画『墨攻』(小学館刊)、酒見賢一(原作小説)出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ....
URL 2008/11/17(Mon)12:56:21
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]