忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[526] [525] [524] [523] [522] [521] [520] [519] [518] [517] [516]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

佐野洋『灰色の絆』は、戦後ベトナム戦争の頃の物語。
米兵の男・トムが謎の失踪をとげてしまいます。もしかして脱走したのではないか、とトムの女・桃子は思い、慌てて辻村という弁護士の男に相談するのですが・・・ なんとこんどは彼女まで青酸カリで毒死します。いったいどういうことなのか・・・?

仁木悦子『山のふところに』は、これぞ短編の醍醐味、というような面白さを感じさせてくれる傑作。戦争によって孫を奪われた、あるお婆さんの復讐の物語です。
企業の社長となって、村へ帰ってきた男がいました。彼は、この村に工場をつくろうとしていたのです。土地を売るのに頑固に反対する農民のおやじが1人いるだけで、あとはもう全て準備万端となっていたので彼は自ら村まで出向いてきました。

それを見かけたお婆。その社長がかつて孫を死に追いやった男である(その社長はかつて陸軍の飛行大尉として活躍していた。孫はそれに憧れて戦地へ赴き、沖縄で死亡)、と知り、彼を退治してしまおうと決意します・・・・


今日読んだ作品
佐野洋『灰色の絆』
仁木悦子『山のふところに』


今読んでいる作品
西東登『壷の中』
五木寛之『冥府への使者』
森村誠一『紺碧からの音信』
森村誠一『悪魔の飽食』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]