忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、折原一『倒錯のロンド』を読みました。どんでん返しが楽しめる、ミステリ小説。
『倒錯のロンド』

折原一は面白い、というはなしは前から聞いていたし、それにミステリ小説のランキングにもよく登場するので名前は知っていたのだけど、なかなか読む機会がありませんでした。
面白かったです・・・

女性のキャラクターが、男にとって都合良く動いているなぁ、なんなとく。まぁ狂人の主観なのだから良いのか。

叙述トリックっていうのは、こういうのを言うのか。
解説に、『アクロイド殺人事件』が叙述トリックの原型っぽいものの1つとしてある、と書いてあったけど、そうなんだ。ああいうのが「叙述トリック」というのか。知りませんでした。
森博嗣の短編にあったなぁ、男と思わせておいて実は女、とか。
そういえば、伊坂幸太郎『鴨とアヒルのコインロッカー』も叙述トリックっぽかったなぁ。あれはまた違うか。

あと、読んだことないけど読んでみたいミステリ小説作家は・・ 佐々木譲、原遼(の2人は、『倒錯のロンド』内にも名前だけ、登場してました・・・)、法月綸太郎、有栖川有栖など。う~んなかなか読めないなぁ。


今日読んだ本
折原一『倒錯のロンド』

今読んでいる作品
佐野洋『灰色の絆』
仁木悦子『山のふところに』
西東登『壷の中』
森村誠一『悪魔の飽食』
井上靖『敦煌』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]