忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『はじめの哲学』を読んだ後、夏目漱石『草枕』、『一夜』を読みました。

『草枕』は、かの有名な文章から始まります。「 山路を登りながら、こう考えた。/ 智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」というやつです。
リズムに乗っている感じで、最初は読みやすいです。好きか嫌いかと聞かれれば、嫌いではない作品だけど。主人公の語る非人情の世界・風流の世界が、そこまで良いとは感じられないので、なんというかまぁまぁかなぁ。

『一夜』は夏目漱石曰く「実験小説」。面白いけど、なんだかよく分からない。ドラマがある、というわけではなく、ただ3人の男女が会話している、というもの。それが人生を表しているのだそうです。
「美くしき多くの人の、美くしき多くの夢を・・・」という詩(?)をつくっているのかよく定かではないがそのような会話が続きます。


今日読んだ本
夏目漱石『草枕』
夏目漱石『一夜』


今読んでいる本
夏目漱石『私の個人主義』
竹山道雄『ビルマの竪琴』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ギャルもいるよ
痴女・巨乳・癒し系の手コキをお楽しみ下さい( ●≧艸≦) ★ http://sns.b8y.in/
あゆみ URL 2012/05/25(Fri) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]