忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近はやりの海外ファンタジー。自由の森学園の図書館にもたくさんの本があるのですが、それらをだーっと見ていきたいです。まぁ全部とはいっても、有名なシリーズと、あとは僕が読んだ本くらいしか分からないのですが。それにしてもいろんな物語があって、どれも面白いです。

アーサー王物語/ベオウルフ/イリアス
神曲(未読)/失楽園
ガリヴァー旅行記/不思議の国のアリス
オズの魔法使い/ピーター・パン
ホビットの冒険/指輪物語/シルマリルリオン/ゲド戦記
ナルニア国ものがたり/ドラゴンランス(未読)/モモ/果てしない物語
ハリー・ポッターシリーズ/ダレン・シャン/ドラゴンライダー(未読)
氷と炎の歌/アバラット/暁の円卓/ライラの冒険シリーズ
アルテミス・ファウルシリーズ/サソリの神シリーズ
ローワンシリーズ


この中でも、とくに面白いと僕が思っているのはトールキンの築いた、『ホビットの冒険/指輪物語/シルマリルリオン』のシリーズです。ハイ・ファンタジーの祖といわれている作品です。これを読まないのは損だよなぁ。モモなどのミヒャエ・エンデの書いた物語も凄く面白いです。そこらへんは間違いなく★5つだと思います。

『ナルニア国ものがたり』は、素直な子どもの頃か、もしくは大人になってから読まないと、作品に強く表れているキリスト教的なものに反発してしまう作品だ、と以前聞いたことがあるのですが、その通りなのかもなぁ。僕は好きになれません。なんでだか自分でも分からないんだけど。

『ハリー・ポッター』シリーズはいくらなんでも過大評価されすぎじゃないかなぁ。なんていうか、面白いけど、もうマンネリっていう感じで。シリーズとして見ると、★5つには達しないかな。あと、『ダレン・シャン』もそこまで好きじゃないです。もう全然読んでいない・・・ むしろ、『ライラの冒険』シリーズは、もっと読まれて良いと思います。最近映画化されたからまた評判になったけど、すぐ通り過ぎちゃった。

『アバラット』は異世界に飛んでいってしまう、というストーリーなのですが、『ハリー・ポッター』シリーズより鮮烈です。面白いけど、誰からも愛される作品にはなれないかもなぁ。僕は好きだけど。『暁の円卓』は、もう歴史好きにはたまらない物語です。20世紀の100年間を舞台にしていて、20世紀を振り返りつつ、ファンタジーが楽しめてしまいます。アニメ『blood+』を思い出します。ただ日本語訳が読みにくいので、星5つには達しないかなぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして^^

ウチも海外ファンタジー大好きです♪
ミヒャエル・エンデの書いた作品は
ハマりますよねっ
ウチも五つ星だと思います!
特に果てしない物語はお気に入りです

ホビットの冒険は小学校の時読もうとして
挫折しましたv
それ以来読む機会もないです...

ダレンシャンはデモナータシリーズは
集めてます
妹に勧められて見事にハマりましたv
2008/09/21(Sun) 編集
無題
コメントありがとうございます!

うん。ミヒャエル・エンデは面白いです。

ホビットの冒険、長いけど、おすすめです。あれがファンタジーの始まり、みたいに言われることもあるくらいなので。

デモナータシリーズ読んだことないです。ダレンシャンって、『ダレン・シャン』シリーズのほかにもいろいろなの書いているんだ・・読んでみたいです。
だいち 2008/09/21(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]