忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1149] [1148] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142] [1141] [1140] [1139]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

作者:  柳広司
出版社: 双葉社

  結城中佐は日本陸軍内部に「D機関」という諜報機関を設立し、本物のスパイを育成しようとします。彼は、軍人らしくない者ばかりを集め、自分を殺すことと敵を殺すことを禁じました。死ほど目立つものはないからです。スパイというものは決して目立ってはならない、とかつてスパイだった結城中佐は考えていました・・・ 『ジョーカー・ゲーム』『幽霊』『ロビンソン』『魔都』『XX』収録。

  スパイ小説。

  非常に面白いです。「D機関」とそこに属する人たちが、とにかくかっこいいです。だけど、かっこよすぎて非現実的ではないか、と感じてしまいました。本当に天皇制を信奉しない日本人を育成する機関が存在したら、徹底的に弾圧されるのではないか。

  まぁ『ジョーカー・ゲーム』はフィクションだから無理があっても構わないし、一種の思考実験のようで面白い気もしますが、どうせだったらもう少し現実味をもたせてほしかったです。まぁ、、説明すればするほど逆に嘘みたいになってくるかも知れないから、さっくりとした説明のみでも良いのかも知れないけど。

  あとは、影の黒幕のはずの結城中佐が、饒舌すぎてかえって大物に見えないことは気になりました。そして、一番つまらないと感じたのは結城中佐が決して過ちを犯さないということ。まぁ安心して読めるけど、どうしても緊張感に欠けます。そこらへんが、物語の面白さを半減しているのではないか、と思いました。けど、まだまだ小手調べなのかも知れません。続編が次々出てくるのかも。

  続編がでたら是非とも読みたいと思います。

  2009年第6回本屋大賞ノミネート作(3位)。第30回吉川英治文学新人賞、第62回日本推理作家協会賞受賞作。


自森人読書 ジョーカー・ゲーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
続編
itchy1976でございます。TBありがとうございます。
続編は、確か『ダブル・ジョーカー』だったとおもいます。2010/01/20現在でもう続編は出ています。
itchy1976 2010/01/20(Wed) 編集
Re:続編
こちらこそありがとうございます!
本文を訂正し忘れていたのですが、『ダブル・ジョーカー』も読みました。『ジョーカー・ゲーム』よりも面白かった気もする。
 【2010/01/20】
TBありがとうございます
日本を舞台に戦争を描いた作品では、異例なくらいに御洒落でした 笑 まあ、戦争自体を描いているわけではないのですが、とても面白かったです!!
yori URL 2010/01/24(Sun) 編集
Re:TBありがとうございます
こちらことありがとうございます!
うん、確かにお洒落だよぁと感じました。
 【2010/01/24】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ジョーカー・ゲーム」柳広司
「ジョーカー・ゲーム」柳広司(2008)☆☆☆★★[2009076] ※[913]、国内、現代、小説、短編、連作、スパイ、スパイ養成学校、軍隊、エンターティメント 結城中佐の発案で“情報勤務要員養成所設立準備事務室”なるものが開設されたのは、昭和十二年秋のことである。 噂によれば、結城中佐はかつて長年に渡る敵国でのスパイ活動で貴重な情報を日本陸軍にもたらしていた。しかし味方の裏切りにより敵国に捕らえられ、拷問にかけられた。隙を見て脱走し、その際さらに貴重な機密情報を入手し、本国にもたら...
URL 2010/01/20(Wed)19:35:17
柳広司『ジョーカー・ゲーム』
ジョーカー・ゲーム柳 広司角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、柳広司『ジョーカー・ゲーム』を紹介します。本書はスパイ小説です。全部で250ページで短編が5編あります。日本軍に存在するD機関というスパイ養成機関のスパイ軍団が活躍する短編集である。D機関の創始者である結城中佐の人柄が間接的ににじみ出るような感じでした。私の中で一生もっておきたいベストな本にはならないですが、娯楽のために読んでもいい本だなと思います。 ジョーカー・ゲーム:D機関をスパイする佐久間の話。D機関と軍隊と...
URL 2010/01/20(Wed)20:10:26
【ジョーカー・ゲーム】 柳広司 著
―この任務を果たすことができるのは自分だけだ。―自分にならこの程度のことは出来なくてはならない。【あらすじ】結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、...
URL 2010/01/20(Wed)21:08:25
ジョーカー・ゲーム
「このミス」2位、2009本屋大賞3位、第62回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門受賞、第30回吉川英治文学新人賞受賞。 スパイ養成...
URL 2010/01/21(Thu)00:11:29
ジョーカー・ゲーム
著者:柳 広司 出版社:角川書店 感想: 2009年このミス第2位・本屋大賞第3位の、とても評判の良い作品。 この「ジョーカー・ゲーム」はミステリタッチのスパイ小説です。 陸軍内に設立されたスパイ養成学校『D機関』魔王と呼ばれる結城中佐の元、独特の価値観を持った精鋭....
URL 2010/01/21(Thu)02:40:41
「ジョーカー・ゲーム」柳広司
ジョーカー・ゲーム(2008/08/29)柳 広司商品詳細を見る 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存...
URL 2010/01/21(Thu)12:20:19
柳広司  ジョーカー・ゲーム
結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。 うわ〜これはすごく面白い!一気読みでした。こ...
URL 2010/01/21(Thu)12:52:07
◎◎「ジョーカー・ゲーム」 柳広司 角川書店 1575円 2008/8
 うーむ、カチリとハマった珠玉の短編集である。こういう隙のない短編集を読んだのは、横山秀夫の『第三の時効』以来のような気がする評者である。その間、いい短編集は読まなかったの?って言われそうだが、例えば田中啓文の『落下する緑』も、全体良くできた短編集であったのだが、やはりそこに男の矜持みたいなのが加味された本書『ジョーカー・ゲーム』みたいな作品集に出会うと、うんうん、こういうのだよ、と嬉しくなってしまう評者なのである。要するに、巧い作品集プラスその向こう側に見えるものを感じると、うんうんこれこれ、と思うわけ...
URL 2010/01/21(Thu)12:52:56
『ジョーカー・ゲーム』柳広司
ジョーカー・ゲーム 柳広司/角川書店 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。...
URL 2010/01/21(Thu)21:02:55
ジョーカー・ゲーム  柳広司
昭和十三年。陸軍内に一つの部署が新設された。情報勤務要員養成所、別名「D機関」。公にはその存在すら明かされず、軍部においても限られたごく一部の者のみしか知る事の出来なかった秘密のスパイ養成所。そのトップにいたのは「魔王」と呼ばれた一人の男だった。 てなわ...
URL 2010/01/22(Fri)00:11:13
間諜の後先
その小説は軍隊の小説だった。 だけど戦争の場面は出てこない。 その小説は軍人の小説だった。 だけど人を殺したり殺されたりはしない。 間諜という名の仕事に携わる軍人達、 まあ有体に言えばスパイということである。 以前にも書いたが、私はスパイ小説が好きだ。 洋物は...
URL 2010/01/24(Sun)10:06:13
柳広司『ジョーカー・ゲーム』
柳広司『ジョーカー・ゲーム』 角川書店 平成20年8月31日発行 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリ...
URL 2010/01/27(Wed)16:34:20
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]