忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1152] [1151] [1150] [1149] [1148] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  川上弘美
出版社: 中央公論社

  短編集。『物語が、始まる』『トカゲ』『婆』『墓を探す』収録。川上弘美が本として、一番最初にだしたのが短編集『物語が、始まる』だそうです(それまでも、SF雑誌や、ネットなどに作品を発表していたそうですが)。『物語が、始まる』というタイトルの1冊から、作家人生を始めるというのは、なんだか格好良いなぁと思います。

  『物語が、始まる』
  公園の砂場で拾った「雛型」とのラブ・ストーリー。私は「雛型」と一緒に住んでいる内に、これまでつきあっていた人となんとなく別れてしまいます。そして、「雛形」とともに暮らすことになりました。その2人はとても仲が良いのに、関係はどことなく微妙なまま。恋人にはなりきれないのですが。

  随分とシュール。それなのに文章は柔らかいし、物語は自然に流れていくので、その不可解さに気付けなくなってきます。面白い。でも、ちょっと退屈。最後まで読むのが大変です。もう少しスリムにして欲しかったような気もします。

  時折はさまれる文章の繰り返しが不思議な感じを醸し出しています。あとは、いろんな言葉を漢字ではなくてひらがなで書くところとかも不思議な感じ(「ぶぶん」とか)。川上弘美の文章は、噛みしめるとけっこう楽しめます。そこらへんが、芥川賞を受賞(後に出された『蛇を踏む』という小説で受賞)した理由、つまり純文学作家ということなのかなぁ。

  川上弘美の小説を、もう少し読んでみようと思いました。


自森人読書 物語が、始まる
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]