忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1083] [1082] [1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  乾くるみ
出版社: 原書房

  「必ず2度読みたくなる小説。終わりから2行目が衝撃的!」というようなキャッチコピーが目についたので、手に取ったミステリ小説。まったくその言葉に偽りはありませんでした・・・ 最初から予告されていても見抜けなかったです。

  あらすじの説明は非常に難しいんだけど。物語は、「Side-A」と「Side-B」という2つのストーリーで構成されています。語り手はたっくん。たっくんは、合コンの席で出会ったマユに心を魅かれていきます。そして、2人は恋人になるのですが・・・

  仕掛けは物凄く面白いんだけど(表紙からして凝っています、暗示的・象徴的な物が並んでいるのです、タロットとか)、物語のあらすじはそこまで魅力的ではありません。普通というか、陳腐な恋愛小説です。★2つでも良いくらい。語り手はちょっと独善的な男なので、なおさら読む気がなくなってきます。だけど最後まで読めばどんでん返しが待っているので、それを期待して読めば期待はずれということにはならないはずです、たぶん。

  とはいえ、パズル的な面白さです。振り返ってみて「あそこにも、ここにも仕掛けがあったんだ」ということに気付くものなので、合わない人には合わないかも知れません。

  あと、乾くるみはもともとエログロがかった小説を書いてきた人らしく、わざとらしいまでに露骨なセックス描写とかがあるので、そこらへんに嫌悪感を覚える人は好きになれないかも知れない。それに、バブルの頃の日本が舞台だからでてくる小道具(番組・曲)も古いです。僕には分からなかったものがいろいろありました・・・

  だけどそれらを差し引いてもとにかく凄いです。叙述トリックの傑作だ・・・


自森人読書 イニシエーション・ラブ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]