忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102] [1101]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  殊能将之
出版社: 講談社

  少女が次々と惨殺されます。その首にはハサミが突き立てられていました。マスコミは犯人を「ハサミ男」と呼び、凶悪な犯行をセンセーショナルに報じます。一方、警察は犯人逮捕に全力を注ぐのですが、犯人はまったく姿を見せません。そして、とうとう3人目の被害者がでてしまいます。しかし、3人目の少女を殺したのは「ハサミ男」ではありませんでした。自分が狙っていた獲物を奪われた本物の「ハサミ男」は、2人目の「ハサミ男」、つまり模倣犯を追跡するのですが・・・

  トリッキーな叙述ミステリ。殊能将之のデビュー作。

  読んでいる最中、「語り手は誰か」ということを考えてみて一度はトリックに気付きかけました。しかし、視点が錯綜するのでやっぱり違うかも、と考えを改めたら騙されました。だけど、ミステリを齧ったことがある人ならば、真相に気付くかも知れません。この物語の仕掛けは、ある意味では定番ともいえるものだからです。

  とはいえ、全体の構成が見事だし、明快なところもなかなかに良いです。そして、伏線を回収していく手際も素晴らしいです。

  いかにも、京極夏彦的。二重人格なとなどが出てきてその上やたらと分厚くて、しかも最も肝心なところで読者の期待をみごとに裏切るのです。信じられないような偶然が発生します。著者はあえて、そのような偶然を挟み込んだのではないか、と感じます。

  不吉すぎるラストが印象的。

  第13回メフィスト賞受賞作。


自森人読書 ハサミ男
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ハサミ男
著者: 殊能 将之 タイトル: ハサミ男 殊能将之著「ハサミ男」   講談社のメフィスト系で沢山ミステリィを書いている 殊能将之を一躍有名にした本です。  これは、かなり前に読んだのですが、 先日コンビニで雑誌を見ていると、  この「ハサミ男」が、
URL 2010/01/06(Wed)18:39:04
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]