忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1527] [1526] [1525] [1524] [1523] [1522] [1521] [1520] [1519] [1518] [1517]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『星の綿毛』
砂漠の惑星では、ハハと呼ばれる装置が荒れた大地を耕し、様々な種子を撒いていました。ハハの後ろ側には、緑があらわれました。なので、そのハハに寄生して生きるものたちもいます。そういった生き物のなかに、ニジダマもいました。ニジダマは、交易人の世話をしていたとき、憧れてしまい・・・

SF小説。

ここまで素朴な小説を書けてしまう人が、今でも日本にいたとは思いませんでした。非常に整っています。読んでいると、退屈になってきてしまいます。組み立てられた世界自体は面白そうだとは思いますが、想定の範囲内です。そして、人物描写も、それほどくっきりしていません。

一味二味足りないです。足りないものが多すぎて、なんとも言い難いのですが・・・

抒情的な作風で知られていると著者は自己紹介しますが、そういう感じはしません。なんというか抑えられています。あえて、なのかも知れません。


読んだ本
藤田雅矢『星の綿毛』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]