忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1327] [1326] [1325] [1324] [1323] [1322] [1321] [1320] [1319] [1318] [1317]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

作者:  山田風太郎
出版社: 角川書店

  明治元年、官軍は江戸に入場すると、そこを我が物顔で徘徊し、荒らしました。その最中、薩摩兵が斬殺され、晒し者になるという事件が発生。人斬り半次郎こと中村半次郎(後の桐野利秋)は激怒。「報復として、薩摩兵が1人死ぬごとに旗本を10人処刑する」と言い出します・・・

  時代小説。

  そこから、処刑場に連れ出される10人の旗本(幕府側の武士)が紹介されていきます。列伝のような感じ。いろんな人がいます。身分は低いけど商才に長けた男、戦国時代の武将のような荒くれ男、清爽なる美少年、人殺しが趣味の男、死にたがり屋の無気力男などなど。

  捕まえられた旗本たちは、一応みんな武士の端くれのはずなのですが、性格も人柄もなにもかもが全くバラバラです。非常に個性的。それらの人々に対して突然同等な「死」が与えられます。徹底的な敗北を喫して(自分の価値観を破壊され)、死の危機に晒された人間が最期にどのような顔を見せるのか、作者はそれをきちりと描写します。非常に考えさせられる物語です。

  山田風太郎は、明治維新と太平洋戦争における敗戦とを重ね合わせているようです。冒頭で自らそう書いています。確かに似ているかも知れない。『修羅維新牢』も、終戦後の騒動を仮託した物語なのかもなぁ・・・ そういうふうに受け取ると、また面白いです。

  チョイ役の勝海舟(安房上)が非常に格好いいです。セリフとその行動全部が。勝海舟って大人物だったのでは、と僕は思っているので納得の描写でした。


自森人読書 修羅維新牢
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]