忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1358] [1357] [1356] [1355] [1354] [1353] [1352] [1351] [1350] [1349] [1348]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  藤沢周平
出版社: 文藝春秋

  藤沢周平の短編集。

  『夢ぞ見し』『春の雪』『夕べの光』『遠い少女』『長門守の陰謀』 収録。

  『夢ぞ見し』。昌江は、ぶっきらぼうで無口で帰りの遅い夫・甚兵衛にうんざりしていました。理由を聞いても口の重い甚兵衛の返事は煮え切らないのです。そんなある日、美男の若者が突然現れ、家に泊まらせることになります。昌江はときめくのですが・・・

  だいたいそんな感じの短編が5つ集められています。どれも、普通の人が、何らかの理由によって(偶然から、とか、出来心から、とか)大事に巻き込まれるというパターンの小説です。ただし、表題作の『長門守の陰謀』だけはちょっと色合いが違います。その短編は、長門守と庄内藩との間に巻き起こった暗闘をさらさらとまとめた作品。僕は、とくに『夢ぞ見し』が良かったと感じました。

  藤沢周平は、物語を組み立てていくのが非常に巧みです。余分な部分がなく、しかも文章は簡素かつ堅実なので、非常に理解しやすいし、まっすぐに読み進めていくことが出来ます。だからいろんな人に愛されるのではないか、と感じました。

  しかし短編なのですらっとしているのだけど、溢れるような迫力とかはありません。長編を読みたいなぁと思いました。


自森人読書 長門守の陰謀
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]