忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459] [458]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  山本勉
出版社: 朝日出版社

  仏像の絵本です。難しい解説とかはほとんど無くて、分かりやすく、簡単に仏像のことが説明されています。小学生でも読めてしまう感じです。

  仏像のことを全然知らなかったので、勉強になりました。日本というか、アジアの歴史と仏像って本当はものすごく密接な関係にあるような気がします。例えば、日本の大きいのだと、奈良の大仏というのがあるけど、あれってものすごく莫大な資金がなければ作れないはずです。

  どうしてあんなものが作られたのか、といえば、やっぱりその当時、大仏をつくるという文化(というのかなぁ?)があったから、ということがまずあります。あと、それを作ろうと思って、実行できるほどの権力を持った人がいたから、ということがあるし、それに協力する人たちもいた、ということもある。その背景について、『逆説の日本史』という本の中で、著者が独特の推理をしています。それとか、読んでいるとなるほど、と思います。

  この「仏像のひみつ」はそういうこんがらがるような歴史のはなしではなくて、絵を見つつ、ちょっと仏像のことを知ることが出来ます。読んでいると、時代ごとに仏像が違うらしいということが分かったりして、面白いです。


自森人読書 仏像のひみつ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『仏像のひみつ』 山本 勉
仏像のひみつ(2006/05/27)山本 勉商品詳細を見る 「修学旅行の時に仏像について調べたことがある。」というような人には、この本はあまりお薦め...
URL 2009/02/27(Fri)01:12:43
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]