忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[463] [462] [461] [460] [459] [458] [457] [456] [455] [454] [453]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松本清張『尊厳』は、天皇制というものの不可解さを風刺した作品、なのかなぁ。たぶん。

皇族の行幸のとき、道を誤った運転手が周囲からの圧迫によって自殺させられた、というおはなしです。その運転手の息子は、戦後になってから、その皇族の男に復讐しようと企みますが・・・
しかし、その皇族の男は、記憶を失っていたので復讐の意図をまったく理解していなかった、というのが落ち。

『市長死す』は。
もともと軍人将校だった男が、戦後市長になりました。彼は何事もきっちりとしていて堅実な男でした。その市長が突然、用事ができたといって、全てを置き去りにして行方不明に。
その後、意外なところで死体が発見されます・・・

戦争が背景にあるおはなしです。
とはいっても、秘密の計画とかではなくて、恋愛がらみのはなしなんだけど。


今日読んだ作品
松本清張『尊厳』
松本清張『市長死す』


今読んでいる作品
ヘミングウェイ『老人と海』
松本清張『支払いすぎた縁談』
松本清張『氷雨』
山岡強一『山谷 やられたらやりかえせ』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]