忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[462] [461] [460] [459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

著者:  森見登美彦
出版社: 新潮社

  「自主休学」をしている京都大学農学部の5回生「私」の物語。「私」には三回生の時、水尾さんという恋人ができた。だが結局、水尾さんにふられてしまう。今では、水尾さんへの恋情はすでに断ち切っている、と「私」は思い込んでおり、「なぜ自分が水尾さんに惚れたのか」ということを冷静に見つめよう、と200枚以上になる大レポートを書いている。

  「私」は水尾さんに避けられ、「研究停止」の宣告を受けながらも水尾さんの観察・研究を続けていた。そんなある日、水尾さんを追いかける、あやしい男「遠藤」に出会う。「私」と「遠藤」は、互いに反目し合い、妨害し合うのだが、「私」は暴漢に襲われたときに「遠藤」に救われ、それ以来理解(?)し合うようになる。恋人のいない若者を苦しめる、クリスマスがやってきた。町の一角で、ええじゃないか騒動が起こり・・・・・

  妄想と幻想に満ちた生活を送る大学生たちの物語。水尾さんをつけているのは、ほとんど「ストーカー」に近い、というか「ストーカー」なんだが・・・ どこか突き抜けた文章なので、読んでいるだけで笑えてきます。ただし、少し読みにくいかも知れないけど・・・

  日本ファンタジー賞を受賞した作品だそうです。

   万城目学と並んで、京都・京都大学を舞台にしたファンタジーというのか、青春小説というのか、面白い物語を書いている森見登美彦のデビュー作。万城目学・森見登美彦の2人、周りでは読んでいる人がまったくいなかったんだけど・・・(高校生は全然読んでいないのかなぁ) おすすめです。


自森人読書 太陽の塔
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 (新潮文庫) 森見 登美彦 京大休学中の5回生の私。三回生の夏に恋人になり、12月に私を袖にした水尾さん。「水尾さん研究」をする私の前に一人の男が現れた。 がんばりました。以前、ファンタジーノベル大賞だと知って手に取ったことがあったのです。だけど途中で(いや、ほとんど数ページしか読んでなかった)挫折。森見さんの最近の本2冊読んで、これはいけるかもって思って再読です。むむむ。かなりがんばりました。
URL 2009/02/26(Thu)20:29:08
四畳半神話大系&太陽の塔 (森見 登美彦)
トンチキな大学生の妄想が再び京都の街を駆け抜ける!!!  4つの話が平行に進展していきます。 4つのサークルの選択肢が有る内どれを選んでいたら どうなっていたかと思いながら・・・ いずれの話にも唾棄すべきまでと書かれている  宿敵の、でも憎みきれない小津っていう  ヘンテコな盟友が絡んできます。    蛾を異常に怯える明石さんは その恐怖を共有出来るものとしての 共感度、大 ! ! !  その他の登場人物も個性的で魅力一杯です。    小さなクマのぬいぐるみも  面白い場面で登場します。 ...
URL 2009/02/26(Thu)21:11:15
太陽の塔 森見登美彦
装画は影山徹。装幀は新潮社装幀室。 2003年「太陽の塔」で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。 主な作品「夜は短し歩けよ...
URL 2009/02/27(Fri)03:29:58
(書評)太陽の塔
著者:森見登美彦 太陽の塔 (新潮文庫)(2006/05)森見 登美彦商品詳細を見る 私の学生生活には華がない。特に女性関係は絶望的に。そんな私に...
URL 2009/02/27(Fri)08:04:26
森見登美彦【太陽の塔】
京大農学部で遺伝子工学を研究していた男が、研究対象を「水尾さん」に変更した。研究停止の宣告を受けつつも決然として己の意志を貫く「森...
URL 2009/02/27(Fri)09:52:46
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 (新潮文庫)(2006/05)森見 登美彦商品詳細を見る 再読です。 私の大学生活にはあらゆる意味で華がなかったが、そもそも女性とは絶望的...
URL 2009/02/27(Fri)12:50:59
太陽の塔
 長く読書をしていると、好きなシリーズ物が増えて、その新刊をフォローすることに忙しくなり、未知の作家に出会う時間が減る。さりとてシリーズ物ならではの魅力も捨てがたし・・・。ジレンマだ。  でもないか。  森見氏は初読み。日本ファンタジーノベル大賞受賞作と..
URL 2009/02/27(Fri)21:22:40
太陽の塔 〔森見登美彦〕
太陽の塔 (新潮文庫)森見 登美彦新潮社 2006-05売り上げランキング : 10310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 私の大学生活には華がない。 特に女性とは絶望的に縁がない。 三回生の時、水尾さんという恋人ができた。 毎日が愉快だった。 しかし....
URL 2009/02/27(Fri)22:25:31
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 森見 登美彦 私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。森見さん初挑戦です。 彼女に振られてしまった女性と縁のない主人公とその仲間達のおもしろおかしい(?)妄想ストーリー。付き合っ...
URL 2009/02/28(Sat)01:50:14
森見登美彦  太陽の塔
太陽の塔 森見 登美彦 休学中の京大5回生である主人公は、女性とは無縁の生活を送っているが、三回生の夏頃、体育会系クラブの新入部員である水尾さんという恋人がいた。しかし振られてしまい、今は「水尾さん研究」を行う日々。これはクリスマスまでの妄想的生活を描いた青春小説?第15回ファンタジーノベル大賞受賞作。 この本は面白い!という人と受け付けないという人と評価が真っ二つに分かれるらしいと聞いていた。でも読む前からきっと私は面白く読めるはず、と妙な自信があったのだけど、やっぱり面白く読む事がで...
URL 2009/02/28(Sat)09:35:15
太陽の塔/森見 登美彦
太陽の塔 (新潮文庫) 森見 登美彦 新潮社 2006-05 価格 ¥ 420 評価 Amazonで詳しく見る by G-Tools 【【あらすじ】】 私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。 三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。 しかし
URL 2009/03/01(Sun)00:30:22
太陽の塔
すべての失恋男たちに捧ぐ、爆笑妄想青春巨篇in京都。 私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった! クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。新潮社HPより 面白かった♪ 京都の帰省の時に持って帰ってたんですが、途中まで読んでちょっと...
URL 2009/03/01(Sun)18:35:33
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 日本ファンタジーノベル大賞受賞作を読もう!企画も、もう第7弾です。これだけ読んでまたまた当たりです!それにしてもこれを大賞に選ぶとは、日本ファンタジーノベル大賞恐るべしです。器が大きいです。これはやっぱりファンタジーなんですよね。アンソロジー....
URL 2009/03/01(Sun)23:15:15
太陽の塔
著者: 森見 登美彦 タイトル: 太陽の塔  森見登美彦著、「太陽の塔」  これも、前のブログの畠中恵の「しゃばけ」で紹介した、 「日本ファンタジーノベル大賞」の受賞作です。 これは、妄想=SF=ファンタジーという、観点の元 書かれたもので、  男性の
URL 2009/03/04(Wed)23:25:18
太陽の塔
太陽の塔 森見登美彦著 華が無い学生生活。殊更女性とは絶望的に縁の無い生活を送っていた『私』にも水尾さんという恋人が出来る。『私』...
URL 2009/03/05(Thu)00:41:47
『太陽の塔』森見登美彦
太陽の塔 森見 登美彦 2006/6/1文庫化 新潮文庫 P.231 ¥420 ★★★★★ …何が特別なのか知らんが、世間ではクリスマスイブは特別である。クリスマスイブに比べたらクリスマスイブイブは重要ではない。ましてクリスマス当日などはなおさら無意味である。クリスマスイブこそ、恋人たちが乱れ狂い、電飾を求めて列島を驀進し、無数の罪なき鳥が絞め殺され、簡易愛の巣に夜通し立てこもる不純な二人組が大量発生、莫大なエネルギーが無駄な幻想に費やされて環境破壊が一段と加速する悪夢の一日と言えるだろう。彼ら...
URL 2009/03/09(Mon)23:27:28
太陽の塔  森見登美彦
我輩は悩んでおる。葛藤の中にいるのだ。こちらとあちらの間にはマリアナ海溝よりも深い溝が存在する。私の心の中でジキルとハイドならぬ、しきる君とまいど君がはげしい泥仕合を繰り広げているのだ。 しきる君とは常に客観的に見栄えの良いよう、あれこれと指示を出してく....
URL 2009/03/10(Tue)23:44:20
「太陽の塔」森見登美彦
日本ファンタジーノベル大賞受賞。 華のない大学生活だが、たった一度だけ水尾さんという恋人が出来る。 クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走。 初の森見登美彦です。 凄く話題になっているので読みたくて期待をしていたのです..
URL 2009/03/11(Wed)17:24:13
『太陽の塔』 森見登美彦  感想
新潮社のカバープレゼントに釣られて、本屋さんがオススメするコーナーに置いてあった本作を手にとりました。買おうか悩んでいただけだったはずなのに...。そんな私にエサを与えないで下さい角川のも買っちゃったよ...orz来年は気をつけよう♪私の大学生活には華が...
URL 2009/03/11(Wed)23:12:45
「太陽の塔」森見登美彦
「太陽の塔」森見 登美彦新潮社2003-12-19勝手に評価:★★★☆☆  現役京大生の超新星現る!ロマンチックでセンチメンタルな妄想小説の誕生!! 「美点満載、文句なしの快作!」「一番強烈で一番笑いこけた作品。庄司薫、遠藤周作といった青春文学の懐かしい味わい」と選考会で大絶賛。――何かしらの点で彼らは根本的に間違っている。なぜなら私が間違っているはずがないからだ、と宣う、ひねくれた学生の日々を描く笑撃デビュー作。膨らみきった妄想が飛び跳ねる!(新潮社HPより)ボリュームは普通か少ないくらいなんです...
URL 2010/04/12(Mon)21:32:13
デビュー作から妄想
小説「太陽の塔」を読みました。 著者は 森見 登美彦 森見さんのデビュー作となる本書 まさに といった感じ 大学生の青春物語なのですが・・・ そこは 妄想とストーカーちっく(笑) あの「四畳半神話大系」を彷佛とさせますね 森見さんらしい、独特の古風な台詞 ユ...
URL 2011/07/26(Tue)10:52:20
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]