忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今は、松本清張『遠くからの声』を読んでいます。短編集。

松本清張は、長編ばかりではなく、短編でも(というより、短編の方が素晴らしい、という人もいるらしい)優れた作品をたくさん残しているそうです。なのでちょっと読んでいきたいなぁと思っています。

短編は、長編よりかえって難しいともいえます。切れが必要で、かつ瑕疵が1つでもあると、とても目立ってしまいます。だから、長編より完全にしっかりとつくられてなければなりません。

『遠くからの声』は、民子・啓子の姉妹と、姉・民子の夫・津谷敏夫の微妙な三角関係を書いた作品です。さすが、たった10数ページの間に、見事なまでに恋愛を描いています。ケータイ小説よりも、絶対にこちらの方が面白いと思うんだけど。「古い」といわれてしまうのかなぁ。


今日読んだ作品
松本清張『遠くからの声』

今読んでいる作品
ヘミングウェイ『老人と海』
松本清張『殺意』
松本清張『なぜ「星図」が開いていたか』
松本清張『反射』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]