忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、自由の森学園に湯浅誠さんがきたということもあるので。現代日本の貧困問題がらみの本3つを紹介します。代表的なもの。『蟹工船』『生きさせろ! 難民化する若者たち』『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』の3つ。自森人のほうに感想を書いたので、そこへのリンクをはっておき、あとは少しだけ説明してみたいと思います(説明といっても簡単じゃないけど)。

自森人読書 蟹工船

自森人読書 生きさせろ! 難民化する若者たち

自森人読書 反貧困―「すべり台社会」からの脱出


『蟹工船』は、雨宮処凛らが紹介し、マンガ版がでたことでブレイクした、かなり昔の作品。プロレタリア文学の代表として昔から有名なものです。著者・小林多喜二はのちに憲兵に拷問を受けて死亡したのですが、作品は読み続けられています。それは何故か? やはり『蟹工船』の世界と、現代に通ずるものがあるからだと思います。

『生きさせろ! 難民化する若者たち』は、雨宮処凛のルポ。現代日本の貧困について鋭くえぐったものです。

『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』は、その現実に対してどう対抗していくか、という具体的な状況の提示とともに、解決策にまで目を向けた作品。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]