忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[813] [812] [811] [810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『バルタザールの遍歴』
日本ファンタジーノベル大賞を受賞した作品。佐藤亜紀のデビュー作。

主人公は、バルタザールとメルヒオール。一つの体の中にバルタザールとメルヒオールという二人の人間が宿っているのです。彼らは貴族なのですが、世界が変わっていく中で母親は憤死し、じょじょに落ちぶれていきます。そうした中で家を手放し、故郷を離れることになりました。しかも、ナチスが台頭してきていて・・・

前半部分『「転落』は、ようするにヨーロッパを舞台にした『人間失格』ではないか、と感じました。いや、全然違うと反論されるかも知れないけど。

一つの体に二つの人格というのは、少女漫画でもよくあるパターンのような気もするけど、佐藤亜紀はそれをみごとに活かし、物語を構成していきます。文体も、物語も、全体的にとにかく格好良いです。いかにも文学好きな人が好きそうな小説。

惚れ惚れするけど、読むのは一度だけで良いや、と思ってしまいました。なんというか、飽きます。勝手に堕落し、転落してください、と思ってしまいます。

今日読んだ本
佐藤亜紀『バルタザールの遍歴』

今読んでいる本
貴志祐介『天使の囀り』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]