忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1262] [1261] [1260] [1259] [1258] [1257] [1256] [1255] [1254] [1253] [1252]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『レ・コスミコミケ』
イタロ・カルヴィーノの連作短編集。『月の距離』『昼の誕生』『宇宙にしるしを』『ただ一点に』『無色の時代』『終わりのないゲーム』『水に生きる叔父』『いくら賭ける?』『恐龍族』『空間の形』『光と年月』『渦を巻く』収録。

『月の距離』
かつて月は地球の近くにありました。脚立をたてれば届くほどでした。Qfwfqの従弟は月へいき、ミルクを取ってきます。従弟は月を愛していたのです。その従弟を船長夫人は慕っていました。そして、船長婦人をQfwfqは欲していました。彼らの関係どうなるのか・・・

『いくら賭ける?』
Qfwfqは、学部長(k)yKと賭けをしています。二人の存在意義は賭けにあったからです。二人は宇宙、銀河系、地球などをかけの対象にします。

『光と年月』
一億光年彼方にいる何者かがプラカードに「見タゾ!」と書いていました。それを知り、驚き、恐れるのですが。

宇宙を舞台にした、愉快な法螺話。

どのはなしも面白いです。科学的ではなく、空想的なのです。主人公は、Qfwfqなる老人。Qfwfqは宇宙が生まれる前からずーっと生き続けてきたのでそうです。ぶっ飛んでいます。しかし、どことなく滑稽だし、愛敬があるので、すっと受け入れられます。

実験的、前衛的といわれますが、決して難しくはありません(『渦を巻く』は少し難しい気もするけど)。古き者の誇りと、それへの憧憬が感じられます。全体的に抽象的で、摩訶不思議なのですが、それが面白いです。宇宙規模の童話といえるのではないか。イタロ・カルヴィーノらしさが溢れています。


読んだ本
イタロ・カルヴィーノ『レ・コスミコミケ』

読んでいる最中
吉田秋生『海街diary 3 陽のあたる坂道』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]