忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1258] [1257] [1256] [1255] [1254] [1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ムーン・パレス』
人類が初めて月を歩いた年のこと。主人公マーコ・フォッグは伯父を失い、ショックを受けます。父は気付いたときにはいなかくて、幼い頃に母を失っていたフォッグにとって、伯父は唯一の肉親だったのです。彼は、伯父が残してくれた本を詰め込んである段ボールを家具にしていました。読んだ傍から古本屋に売っていくので、部屋の中から物がなくなっていきます。その後、部屋を追い出されて浮浪者になるのですが、親友ドンマーと偶然出会ったキティ・ウーらに救われ・・・

青春小説、なのか。

主人公マーコは、考える人です。いろんな出来事を総括し、抽象化し、様々なものの中に関連性を見出そうとします。そういうことばかりしているので、他の人のように金を稼いで生活していくことが出来ません。そして、浮浪者になってしまいます。

月が繰り返し表れます。ムーンパレスという中華料理店がでてきたり、『月光』という絵画がでてきたり。主人公マーコは月を意識しているから、色んな場所に月を見つけ出してしまうのかも。

偶然が物語を動かしていきます。

波乱に富んでいるということが出来るかも知れません。様々なことが明らかになるたびに結びついていきます。意表をつかれますが、愉快です。たとえば、最後の辺りで主人公の出生の秘密が明らかになります。予想もつかないということはないけど、やはり意外。

登場人物も各々印象的。とくに面白いのは、足が悪くて車椅子にのっている盲目の老人エフィング。彼は偏屈で激しやいのですが優しさも持ち合わせているらしく、彼の周囲にはなんとも言い難い分からなさが漂っています。だけど、物凄く巨大で肥満で禿げているけれどユーモアに富んだバーバーもおかしいです。


読んだ本
ポール・オースター『ムーン・パレス』

読んでいる最中
フランツ・カフカ『城』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]