忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1177] [1176] [1175] [1174] [1173] [1172] [1171] [1170] [1169] [1168] [1167]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『四畳半神話大系』
ある大学生「私」の物語。私はどのような大学生活を送る可能性がありうるのか、ということが綴られています。『第1話:四畳半恋ノ邪魔者』『第2話:四畳半自虐的代理代理戦争』『第3話:四畳半の甘い生活』『第4話:八十日間四畳半一周』で構成されています。私は、いつでも腹黒くてしかも妖怪のように不気味だけど顔が広い小津と出会い、そして、理知的な女性、明石さんに対して恋心を抱くのですが・・・

愉快な青春小説。

薔薇色の青春生活を夢見ながらも、結局のところ小津とつるむしかない腐れ大学生はいかにして違う道へ踏み出していくのか。3度も同じようなはなしが繰り返されるので冗長なのですが、だからこそ楽しいです。もちぐまなど、様々なアイテムが繰り返し登場するのですが、それも楽しいです。構成が考えられています。

SF的設定が巧みに取り入れられています。そして、理屈ばかりこねるひねくれた大仰で軽妙な文体が愉快です。

そして、とにかく登場人物が強烈。

腹黒くて妖怪のように不気味だけど顔が広くて、不幸を振り撒く小津、理知的でクールだけど、蛾が大嫌いな明石さん。いつでも紺色の浴衣をきて無精髭をはやしている飄々とした京都大学8回生、樋口清太郎。酔うと人の顔を舐め始める羽貫涼子。かっこよくて女の子からももてているのにラブドールを愛している城ヶ崎。

素晴らしい快作。


読んだ本
森見登美彦『四畳半神話大系』

読んでいる最中
A&B・ストルガツキー『ストーカー』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]