忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『タイタンの妖女』が読み終わった後、『地を這う虫』を読みました。
『地を這う虫』
『地を這う虫』は、短編集。『愁訴の花』『巡り逢う人々』『父が来た道』『地を這う虫』を収録。
憂鬱というか陰鬱というか、高村薫の書く小説には暗さ・重さが付きまといます。読みながら、はーとため息をつきたくなるくらいです。決してつまらないわけではないんだけど。

短編も面白いけど、やっぱり長編でこそ高村薫のブロックをどんどん積み重ねていく良さはいきてくる気がします。『レディ・ジョーカー』のほうが面白かったかなぁ。


今日読んだ本
高村薫『地を這う虫』

今読んでいる本
アガサ・クリスティ『カーテン』
遠藤周作『イエスの生涯』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『地を這う虫』
高村薫 『地を這う虫』(文春文庫)、読了。 本読みさん達の間で非常に評価の高い作家さん。 私は、お初でございました。 「元刑事が事件に...
URL 2009/02/28(Sat)12:31:17
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]