忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1696] [1695] [1694] [1693] [1692] [1691] [1690] [1689] [1688] [1687] [1686]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『新・批評の事情―不良のための論壇案内』文庫版
日本の評論家・批評家・活動家・表現者・文化人たちを簡略に紹介したもの。登場するのは、内田樹、小熊英二、藤原帰一、湯浅誠、雨宮処凛、金子勝、斎藤貴男、宇野常寛、前田塁、菊池成孔、山下裕二といった人たち。押さえるべき点はだいたい押さえています。非常に面白いです。

永江朗の評価は、客観的とはいえないかも知れません。しかし、いつでも人間は偏らざるを得ません。著者なりの見識が明確に示されていて非常に面白いと感じます。小熊英二の項目を読んでいると、著者の福田和也嫌いが伝わってきて楽しいです。

藤原帰一に対する評価は同感です。それから湯浅誠が現れるまで日本に貧困はなかった、という表現は適切。著者は素朴な感想を述べているだけのように見えますが、実はけっこう周到です。

菊池成孔の本を読んでみたいと感じました。


読んだ本
永江朗『新・批評の事情―不良のための論壇案内』文庫版
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]