忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1700] [1699] [1698] [1697] [1696] [1695] [1694] [1693] [1692] [1691] [1690]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『グランド・フィナーレ』
短編集。『グランド・フィナーレ』『馬小屋の乙女』『新宿ヨドバシカメラ』『20世紀』収録。

表題作『グランド・フィナーレ』はロリコン男の物語。男は娘を含めた数人の少女の裸体を密かに撮影していました。その事実を知った妻と揉み合いになり、妻を負傷させています。その後、強制的に離婚させられて郷里に帰るのですが、少女たちから演劇の指導をお願いされて・・・ 第132回芥川賞受賞作。

『グランド・フィナーレ』の主人公は妙な愛嬌を持っている情けない男です。過度に危ないわけではなく、微妙に危ないだけだから、一般的な生活の中に溶け込んでいくことができます。そういう人間は意外に多いのではないかと感じないでもないです。

しかし、現実に近寄っているためなのか『グランド・フィナーレ』は妙に安いです。阿部和重の作品によくあるいくらなんでもないだろう、という驚きがないのです。もしかしたら、『グランド・フィナーレ』は阿部和重作品の中では微妙な部類に入るかもしれない、と思いました。

『新宿ヨドバシカメラ』のほうが『グランド・フィナーレ』より、面白い気もしました。奇妙な事物の結合が行われています。

阿部和重は多くのいかにも「現代的」な事物を徹底的に散布して、そこから、暗号としての意味を取り出す名人ではないか、と感じます。会話の描写が巧みです。文章はサラサラサクサク流れていくので、読んでいると心地よいです。


読んだ本
阿部和重『グランド・フィナーレ』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]