忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1473] [1472] [1471] [1470] [1469] [1468] [1467] [1466] [1465] [1464] [1463]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『神様のカルテ』
栗原一止は内科医です。彼は信州の小さな病院に勤めています。過酷な労働に耐え、必死に働いています。愛読書は夏目漱石の『草枕』。夏目漱石の小説の影響を受けたためか、喋り方と考え方が古風なため、周囲からは変人だと思われています。だけど、妻思い。そして、医者としては非常に有能です。なので、大学病院から医局に来ないかと誘われているのですが・・・

地域医療を扱った小説。

滑稽な文体が非常に良いです。重いテーマを扱っているのに読んでいて楽しいです。一癖ある登場人物たちも面白いです。男爵や学士殿たちと酒を飲みかわす主人公はとても楽しそうです。

だけど、どうしても、森見登美彦を思い浮かべてしまいます。そして、森見登美彦に比べると浅い気もします。捻くれていないのです。捻くれていないからこそ、多くの人から愛されるのかも知れないけど。

第10回小学館文庫小説賞受賞作。第7回本屋大賞候補作。


読んだ本
夏川草介『神様のカルテ』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]