忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、夏目漱石の作品を読んでいます。
できたら夏目漱石の全作品を読破できたら良いなぁ、と考えています。

まずは、有名な『坊っちゃん』から。
前、一度だけ読んだことがありました。
しかし断片しか覚えていなかったので、新鮮な気持ちで再び読めました。
(坊っちゃんは子どもの頃二階から飛び降りて腰ぬかした、とか、教師になったのち、生徒に「天麩羅先生」と黒板に書かれた上に「しかし四杯は過ぎるぞなもし」とからかわれ、怒った、とかなぜかそういうところだけ覚えている・・・)

江戸っ子気質の、無鉄砲で、義に厚い「坊っちゃん」が主人公。
坊っちゃんは、とにかくいたずらを尽くし、代わりにびしっと叱られて育ちます。父とも、兄とも仲が良くなくて、女中である清にだけ可愛がられました。
父の死後、清と別れ、教師となって田舎へいきます。
そこでは生徒の悪戯やら、教師内部の策謀やらにぶち当たります。それでも坊ちゃんはひるまず、しっかり怒り、愚直に自分の正義を貫き通します・・・・・

読み直してみて、万城目学の『鹿男あをによし』の面白さが改めて分かりました。『鹿男あをによし』は、『坊ちゃん』のオマージュの部分が結構あります。「マドンナ」の登場とか。
前からそれには気付いていたのに、迂闊にも見落としていた部分が多々ありました。『坊っちゃん』の作中人物・山嵐の本名って「堀田」だったんだ・・・ そして、『鹿男あをによし』のヒロインは「堀田イト」。

う~ん、読み直して良かった。
別の物語の面白さにまでちょっとだけ気付けました。

『夢十夜』も有名な作品。
「こんな夢を見た。」から始まる10の夢の物語。読んでいると、美しい情景が思い浮かびます。
難しいなぁ・・・ 何度読んでも面白いです。でも、分かるような分からないような。結局分からないです。意味が分からないと、いろいろと考えてしまいます。ミステリ小説みたいにはいかなくて、最後になってもすっきりしないんだもんなぁ・・・
そこを楽しむのかなぁ。


今日読んだ本
夏目漱石『坊っちゃん』(再読)
夏目漱石『夢十夜』


今読んでいる本
山極寿一『ゴリラとヒトの間』
米澤穂信『さよなら妖精』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]