忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽祭が終わってたくさん本が読めます。
この前からずっと読んでいた飯嶋和一『黄金旅風』が読み終わりました。凄く面白かったです。重厚さが良い、と思いました。ただしこの前も書いたように主人公の思考がもろに「近代人っぽい」感じでちょっと違和感を覚えることはありました。


読んでいて、ローズマリー・サトクリフを思い出しました。もちろん全く雰囲気が異なります。だけど、歴史をもとにした小説であることとか、情景にページを割くところとか、「めでたしめでたし」の結末が待ち構えているわけではないところが似ている気がしました。
けどまぁ全然違うか・・・ ローズマリー・サトクリフは英雄ではない人たちの生の姿を書いているのに対して飯嶋和一は人間離れしたかっこ良い英雄たちを書いているわけだから。

物語の舞台は江戸時代初期の長崎。
徳川家康の子・秀忠が大御所としていまだ力を握る一方で、家光の時代が迫る頃。
主人公は、海外との貿易により、西方一の豪商として名を馳せる末松平左衛門(二代目末次平蔵)と、長崎の火消組頭・平尾才介。2人は、長崎の人たちへの思いを胸に、内から外から迫る敵を打ち払っていきます。

幕府の国家統制が強まっていく中、民衆はどんどん締め付けられていきます。各地で、切支丹弾圧の嵐が吹き荒れます。とくにキリシタンの多い長崎など、九州では徹底的な弾圧が行われました。
海の男たちもどんどんと締め付けられていきます。貿易はじょじょに幕府に抑えられていきました。末松平左衛門は、それに対抗しようとして自分の力の及ぶ限り、色々な方策を打っていきます。

そして締め付けの一方で、鬱屈とした思いを抱える大名たちは諸外国への侵略に乗り出そうとします。それは、西洋諸国の強い反発を招くことは確実です。そうなれば、九州一の良港・長崎がまっさきに戦場となるのは確実です。末松平左衛門はその無謀なる侵略を阻止しようとします・・・

(飯嶋和一、ついこのまえ前大佛次郎賞をとったそうです。そちらも早く読んでみたいです)


今日読んだ本
飯嶋和一『黄金旅風』

今読んでいる本
陳舜臣『英雄ありて』(再読)
松下竜一『潮風の町』
『世界』編集部『保守政治家は憂える―自民党リーダーたちとの対話』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
飯嶋和一: 黄金旅風
【覚書】★★★★★★★★★☆ 目の前で巨大な扉がギギィとゆっくりと閉っていくのを見ているかのような感じに襲われる。そして、最後の二ページは、扉がバタンと閉じた瞬間を見ているような感じですらある。 輝...
URL 2008/12/27(Sat)09:26:44
「黄金旅風」飯嶋和一
黄金旅風 読み応えがありました。大河ロマンです。たぶんHNKの大河ドラマが好きな人は好きなのでは?と思います。ただテレビだったらすんなりと説明できる地理や時代背景が、小説になると理解したり想像するのにある程度の知識が必要かと思います。この時代、全然詳し....
URL 2008/12/29(Mon)21:23:59
雷電本紀&黄金旅風
雷電本紀 黄金旅風 飯嶋和一 久しぶりに、片っ端から読みたくなる作家と出会った。 どちらもぐいぐい読んでしまった。 購入/05.11. 読了
URL 2009/01/02(Fri)00:42:47
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]